統括と開発を同時に

フリーランスのディレクターに要求される仕事は主にはチームプロジェクトにおいて統括や管理を行うことである。Web開発等の複数の専門家が携わる開発現場においては、それぞれの専門家が持つ前提知識や使用する専門用語が異なることから、しばしばコミュニケーションに問題が生じたり、考え方に齟齬が生じたりすることも少なくない。互いの仕事が一般的にどの程度の時間を要するものであるかといったことも、そういったチームで長く経験を積んだ人でなければわからないところがある。また、どういった仕事を他のチームメンバーに依頼してしまってよいのかわからず、仕事を自分1人で抱えてしまう専門家も少なくはない。そういった状況を把握して、適切に仕事の分配を行いながら専門家間のコミュニケーションを円滑にしていくことにより、プロジェクト全体の進行を迅速かつ良好な方向へと導いていくことが仕事になるのである。

一方、フリーランスをしている場合には個人の技術者としての能力も高い人材が多いことから、最先端の現場で開発の一端を担うことを要求されることも稀ではない。エンジニアやプログラマとしてのキャリアを持っている場合にはその能力も発揮してもらいながら、ディレクターとして全体の統括も行ってもらうという契約内容になる。こういった案件はディレクターの仕事を単独で行うものよりも高額報酬になる傾向が強く、広い経験も積める優良な案件の一つである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です