ディレクターに必要な能力

ディレクターとしてフリーランスをしていくためには、基本的な素養に加えて企業が雇用している人材とは異なる能力が必要とされる。基本的な素養として必要になるのは、実際に統括するプロジェクトに参入する個々の専門家がどういったことを担えるスキルがあるかということを理解していることであり、それぞれの専門についてある程度の知識を持っていることである。そして、その連携がうまくいくようにマネジメントをしていく能力が要求されるのが一般的となっている。

フリーランスである場合にはこれに加えて必要となる能力が、人材について短時間で正確に理解する能力である。企業に勤めているディレクターの場合にはそのチームメンバーの個性についても日頃の交流から理解しているのが典型的だろう。そのため、新たなチームでの人間関係の構築やコミュニケーションに苦労することはあまりない。しかし、フリーランスをしている場合には、見知らぬ専門家達が集まる中にそのリーダー的存在として投入されることになる。そのため、専門家としての特徴を理解しているだけでなく、速やかに個人の特徴も理解して適切なマネジメントができるようにならなければならないのである。そういった個性を理解するためのコミュニケーション能力や洞察力が必要になる。そうすることによってプロジェクトチームが一丸となって取り組める環境を作り上げることが、ディレクターに必要とされることなのである。
フリーエンジニアが語るプロジェクトリーダーの条件】というサイトにも詳しく掲載されているので、より掘り下げて知りたい人はこちらを参考にするといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です