フリーランスのディレクターへの高い要求

ディレクターはプロジェクトチームを統括する役割を果たす職業であり、業界によってはプロジェクトリーダーと称される場合もあるものである。チーム全体をマネジメントするための幅広い視野と、チームを構成するメンバーの特徴を理解する力や経験が重要となることから、若手の人材よりはベテランが起用されることが多いことが特徴である。基本的には同じ社内から人材が抜擢されることが多いものの、チームのマネジメントができる有望な人材に欠いている場合にはフリーランスをしている人材を募集するケースも少なくない。

実際にそういった求人に応募してディレクターとして仕事にかかわる場合には、その現場環境に慣れるまでは苦労が多い。フリーランスをしている人が起用される場合の多くは、統括する役割だけでなく、開発に携わる契約になることが稀ではなく、最先端での開発にかかわりながらマネジメントを行うことを要求されるのである。つまり、新たな職場での仕事の行い方に慣れながら、チームメンバーの能力や個性についても理解し、プロジェクト全体を把握していくという数多くの仕事を同時にこなしていかなければならない。職場やチームメンバーに慣れてしまえばそれほど負担の大きな仕事ではなくなるものの、それまでは毎日が忙しい状況になるのは否めない。しかし、そういったことを成し遂げることによってはじめてチームメンバーからの信頼を獲得し、プロジェクトを成功に導けるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です